株式会社プリマ楽器 —楽器・楽譜の総合卸商社—  |  会社案内  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
PRIMA GAKKI
 
PianoLesson88

ピアノ講師のための情報誌「PianoLesson88」

株式会社プリマ楽器 楽譜営業部では、ピアノ講師のための情報誌「PianoLesson88」(創刊時の名称は「NEWS88」)を発行しております。誌名はピアノの鍵盤数が88鍵であることに由来しています。

現在は、岳本恭治先生や岩瀬洋子先生・田村智子先生の連載コーナーを柱に、ピアノレッスンについて、ピアノ指導者やピアノ教材を執筆されている著者、楽譜出版社など、様々な視点からのご意見や情報を提供しております。
全国の楽器店にて配布しておりますので、ピアノ教育の現状を広く把握し、皆様の指導内容や方向性を検討されるきっかけにしていただければ幸いです。

 

「PianoLesson88」最新号のご紹介

「PianoLesson88」最新号掲載記事の一部をご紹介いたします。全内容は、最寄りのお取り扱い楽器店にてご覧ください。

 

 巻頭記事  記号や用語には 「作曲家のココロ」が詰まっている  文:轟千尋

 実は記号に想いを込めてます
楽譜を読んでいて、記号や用語の意味を知りたくなったとき、今ではインターネットやスマートフォンのアプリで簡単に調べることができます。記号や用語は、演奏指示にすぎない、いわば道路標識のように見えて、作曲家がどんな思いでそれを書いたかなんて、あまり深く考えないかもしれません。

ですが私は、音を書くことと同じくらい(時にはそれ以上!)、音に記号を添える時に悩みます。例えばスタッカート。書けば音がパサついてしまうかもしれない、書かなければ印象が重たくなるかもしれない…。記号をどのように添えようか悩んでいるうちに、それに伴って音自体を変更したりすることさえあります。

大作曲家たちがどれほど悩んだかはわかりません。ですが少なくとも、明確な意図、伝えたい想いがあって、記号を書いていたと思うのです。……
 

 連載  フンメル博士からの助言(アドバイス)  文:岳本恭治

[シリーズ2] ピアノ・ピアニスト・ピアノ音楽 第35回
ピアノレッスン88の読者の皆様こんにちは。先月号から18世紀のピアニストをご紹介しています。まずヨハン・ネポムーク・フンメルから始めています。今月はさらにフンメルについて解説させて頂きます。是非練習やレッスンにお役立て下さい。

*フンメルのピアノ演奏
フンメルの演奏は音の明晰さ、粒のそろった音、優雅で流麗な響き、テンポやリズムの正確さが特徴的でした。フンメルはモーツァルトのピアノの奏法を継承し、ウィーン楽派の絶頂期(後期古典派)を築き、ショパンへと繋ぎました。またベートーヴェンと違いダンパー・ペダルをあまり使いませんでした。むしろ指のテクニックのない人に「不純で不明瞭な演奏をペダルでごまかしてはいけない」と警告しています。これは現代でも古典派の作品の演奏でとても重要な問題ですね。……
 

 連載  [ピアノレッスンの今後] Music Key Lessonレポート  文:岩瀬洋子・田村智子

4月… 年度変わりのこの時期、子供も大人もいい意味で「気持ち新たに頑張ろう!」そんなやる気が伝わってきます。そしてピアノ教室も… 別れと出会いがあります。

今回は、この4月から中2になったS君についてお話します。年中からピアノをスタート。小3で弟が産まれるまで一人っ子ということもあり、ご両親の愛情を一身に受け育ちました。そんな彼が、小5の時に、「僕、勉強頑張って中学受験する!」これには親もびっくり!大手塾に新幹線で通い、見事希望の中学に合格!当然ですが、ピアノの練習時間はほぼなく、レッスンの時に集中して弾く… でした。ただ大きな声ではいえませんが、……

 

 連載  [私の街の楽譜屋さん] Vol.1 三省堂書店池袋本店  文:荒井真実(三省堂書店池袋本店 副本店長)

東京池袋から駅直結の西武池袋別館地下1階および書籍館の大型書店、『三省堂書店池袋本店』は、2022年3月1日にリニューアルオープンしました!リニューアルに伴い書籍館1階で大々的に楽譜の取り扱いを始めました。

東京音大など音楽学校も多く、芸劇など音楽カルチャーの中心でもある池袋において楽譜を販売する意義や、出版不況と言われる中での書店としての取り組みをお伺いしてみました。

『そもそも一般的な書店のジャンルとして「楽譜」はちょっと特殊です。書店員としては、どのジャンルも一人でもお客様がいれば「できれば店頭に揃えておきたい」し、「そこに棚があることで新たなお客様が!」と思ってしまいますが、実際は棚の広さは有限、さらに出版不況と言われる中、どれくらいそのジャンルを求めるお客様がいるのか、という観点から厳しい(そして、少し寂しい)取捨選択が迫られます。どうしても「楽譜」は取り扱うか扱わないか、それが問題だ、と悩む専門ジャンルです。そんな中、今回のリニューアルで当店が……




上記、最新号(第232号)は、最寄りの楽器店にてご覧いただくことができます。

 

「News88」「PianoLesson88」バックナンバーのご案内

皆様からのご要望にお応えし、NEWS88・PianoLesson88 のバックナンバーを、2000年10月の創刊準備号より、PDFファイルにて公開しております(ご覧になりたい号をクリックしていただくと、アンダーラインが表示されているものは、PDFファイルが開きます)。是非お役立てください。

 第200号(2018年06月号)
 第199号(2018年05月号)
 第198号(2018年04月号)
 第197号(2018年03月号)
 第196号(2018年01-02月号)
 第195号(2017年12月号)
 第194号(2017年11月号)
 第193号(2017年10月号)
 第192号(2017年09月号)
 第191号(2017年08月号)
 第190号(2017年07月号)
 第189号(2017年06月号)
 第188号(2017年05月号)
 第187号(2017年04月号)
 第186号(2017年03月号)
 第185号(2017年01-02月号)
 第184号(2016年12月号)
 第183号(2016年11月号)
 第182号(2016年10月号)
 第181号(2016年09月号)
 第180号(2016年08月号)
 第179号(2016年07月号)
 第178号(2016年06月号)
 第177号(2016年05月号)
 第176号(2016年04月号)
 第175号(2016年03月号)
 第174号(2016年01-02月号)
 第173号(2015年12月号)
 第172号(2015年11月号)
 第171号(2015年10月号)
 第170号(2015年09月号)
 第169号(2015年08月号)
 第168号(2015年07月号)
 第167号(2015年06月号)
 第166号(2015年05月号)
 第165号(2015年04月号)
 第164号(2015年03月号)
 第163号(2015年01-02月号)
 第162号(2014年12月号)
 第161号(2014年11月号)
 第160号(2014年10月号)
 第159号(2014年09月号)
 第158号(2014年08月号)
 第157号(2014年07月号)
 第156号(2014年06月号)
 第155号(2014年05月号)
 第154号(2014年04月号)
 第153号(2014年03月号)
 第152号(2014年01-02月号)
 第151号(2013年12月号)
 第150号(2013年11月号)
 第149号(2013年10月号)
 第148号(2013年09月号)
 第147号(2013年08月号)
 第146号(2013年07月号)
 第145号(2013年06月号)
 第144号(2013年05月号)
 第143号(2013年04月号)
 第142号(2013年03月号)
 第141号(2013年01-02月号)
 第140号(2012年12月号)
 第139号(2012年11月号)
 第138号(2012年10月号)
 第137号(2012年09月号)
 第136号(2012年08月号)
 第135号(2012年07月号)
 第134号(2012年06月号)
 第133号(2012年05月号)
 第132号(2012年04月号)
 第131号(2012年03月号)
 第130号(2012年02月号)
 第129号(2012年01月号)
 第128号(2011年12月号)
 第127号(2011年10-11月号)
 第126号(2011年09月号)
 第125号(2011年08月号)
 第124号(2011年07月号)
 第123号(2011年06月号)
 第122号(2011年05月号)
 第121号(2011年04月号)
 第120号(2011年03月号)
 第119号(2011年02月号)
 第118号(2011年01月号)
 第117号(2010年12月号)
 第116号(2010年11月号)
 第115号(2010年10月号)
 第114号(2010年09月号)
 第113号(2010年08月号)
 第112号(2010年07月号)
 第111号(2010年06月号)
 第110号(2010年05月号)
 第109号(2010年04月号)
 第108号(2010年03月号)
 第107号(2010年02月号)
 第106号(2010年01月号)
 第105号(2009年12月号)
 第104号(2009年11月号)
 第103号(2009年10月号)
 第102号(2009年09月号)
 第101号(2009年08月号)
 第100号(2009年07月号)
 第099号(2009年06月号)
 第098号(2009年05月号)
 第097号(2009年04月号)
 第096号(2009年03月号)
 第095号(2009年02月号)
 第094号(2009年01月号)
 第093号(2008年12月号)
 第092号(2008年11月号)
 第091号(2008年10月号)
 第090号(2008年09月号)
 第089号(2008年08月号)
 第088号(2008年07月号)
 第087号(2008年06月号)
 第086号(2008年05月号)
 第085号(2008年04月号)
 第084号(2008年03月号)
 第083号(2008年02月号)
 第082号(2008年01月号)
 第081号(2007年12月号)
 第080号(2007年11月号)
 第079号(2007年10月号)
 第078号(2007年09月号)
 第077号(2007年08月号)
 第076号(2007年07月号)
 第075号(2007年06月号)
 第074号(2007年05月号)
 第073号(2007年04月号)
 第072号(2007年03月号)
 第071号(2007年02月号)
 第070号(2007年01月号)
 第069号(2006年12月号)
 第068号(2006年11月号)
 第067号(2006年10月号)
 第066号(2006年08月号)
 第065号(2006年07月号)
 第064号(2006年06月号)
 第063号(2006年05月号)
 第062号(2006年04月号)
 第061号(2006年03月号)
 第060号(2006年02月号)
 第059号(2006年01月号)
 第058号(2005年12月号)
 第057号(2005年11月号)
 第056号(2005年09-10月号)
 第055号(2005年08月号)
 第054号(2005年07月号)
 第053号(2005年06月号)
 第052号(2005年05月号)
 第051号(2005年04月号)
 第050号(2005年03月号)
 第049号(2005年01-02月号)
 第048号(2004年12月号)
 第047号(2004年11月号)
 第046号(2004年10月号)
 第045号(2004年09月号)
 第044号(2004年08月号)
 第043号(2004年07月号)
 第042号(2004年06月号)
 第041号(2004年05月号)
 第040号(2004年04月号)
 第039号(2004年03月号)
 第038号(2004年02月号)
 第037号(2004年01月号)
 第036号(2003年12月号)
 第035号(2003年11月号)
 第034号(2003年10月号)
 第033号(2003年09月号)
 第032号(2003年08月号)
 第031号(2003年07月号)
 第030号(2003年06月号)
 第029号(2003年05月号)
 第028号(2003年04月号)
 第027号(2003年03月号)
 第026号(2003年02月号)
 第025号(2003-04年12-01月号)
 第024号(2002年11月号)
 第023号(2002年10月号)
 第022号(2002年09月号)
 第021号(2002年08月号)
 第020号(2002年07月号)
 第019号(2002年06月号)
 第018号(2002年05月号)
 第017号(2002年04月号)
 第016号(2002年03月号)
 第015号(2002年02月号)
 第014号(2002年01月号)
 第013号(2001年12月号)
 第012号(2001年11月号)
 第011号(2001年10月号)
 第010号(2001年09月号)
 第009号(2001年08月号)
 第008号(2001年07月号)
 第007号(2001年06月号)
 第006号(2001年05月号)
 第005号(2001年04月号)
 第004号(2001年03月号)
 第003号(2001年01-02月号)
 第002号(2000年12月号)
 第001号(2000年11月号)
 創刊準備号(2000年10月号)