プリマ・ヤナギサワ サクソフォーン ロゴプリマ楽器ロゴ
プリマ・ヤナギサワ サクソフォーン ソプラニーノ Sopraninoプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン カーブド・ソプラノ Curved Sopranoプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン ソプラノ Sopranoプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン アルト Altoプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン テナー Tenorプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン バリトン Baritoneプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン Accessoryプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン Technologyプリマ・ヤナギサワ サクソフォーン History
HistoryPress Info
技術、経験、感性のすべてをいい「音」のために。

私たちは、サクソフォーンだけをこの半世紀創り続けてきました。その間に培われた技術、つみかさねた経験、新しい創造を求める感性。なにより熟練した人の手と心を注いだ製作姿勢が世界で絶賛される豊かな"鳴りと響き"に結実しています。プレイヤーの望む音を、プレイヤーの創造を超えて、私たちがお届けします。
 
プリマ ヤナギサワが築いた日本の管楽器の歴史
1896(明治29)年 日本の管楽器製造のパイオニアとして創立。
1954(昭和29)年 初のテナーサクソフォーン、モデル「T-3」製作。プリマ楽器(当時・大橋次郎商店)が柳澤製サクソフォーンの取り扱いを開始。
 
当時の大橋次郎商店の雑誌広告
「T-3」
1956(昭和31)年 12月、アルトサクソフォーンの第1号モデル「A-3」発売。
 
当時のカタログ
「A-3」
1965(昭和40)年 6月、アルトサクソフォーン「A-5」発売。
1966(昭和41)年 2月、テナーサクソフォーン「T-5」発売。
1967(昭和42)年 3月、国内初のバリトンサクソフォーン「B-6」(Low Aキー付)を発売し(完成は1966年12月)、世界の注目を浴びる。
 
当時のプリマ楽器雑誌広告
「B-6」
1969(昭和44)年 3月、国内初のソプラノサクソフォーン「S-6」発売(完成は1968年9月)。
 
「S-6」
1972(昭和47)年 High Eキー付ソプラニーノサクソフォーン「N-6」発売(完成は1968年12月)。「技術のヤナギサワ」の音がソプラニーノからバリトンまでフルラインアップ。
 
「N-6」
 
このころのラインアップは…
(1974年のプリマ楽器雑誌広告より)
「N-6」「N-6S」
「S-6」「S-6S」
「A-40」「A-50」「A-50S」「A-オーダーⅠ」「A-オーダーⅡ」
「T-40」「T-50」「T-50S」
「B-6」「B-6S」
※末尾のSは銀メッキ。
※オーダーⅠは吹込管銀製、オーダーⅡは吹込管テーパー管銀製。
1976(昭和51)年 豪華彫刻模様入りモデル(90シリーズ)発売。
1977(昭和52)年 世界に誇る専門メーカーの音としてソプラニーノからバリトンまでの5機種、15モデルを楽器フェアで発表展示。
1978(昭和53)年 8月、高度な技術を凝縮した「エリモナ80シリーズ」全10機種を発売。
 
●エリモナ80シリーズ
「N-80」「N-80S」
「S-80」「S-80S」
「A-80」「A-80S」
「T-80」「T-80S」
「B-80」「B-80S」
1980(昭和55)年 国内初のカーヴド・ソプラノサクソフォーン完成。
 
「SC-80」
1982(昭和57)年 11月、「エリモナ88シリーズ」アルト、テナーの4機種を発売。
 
「A-88」「A-88S」
「T-88」「T-88S」
1983(昭和58)年 6月、「エリモナ88シリーズ」Low B♭キー付バリトン、Low Aキー付バリトンを発売。
 
「B-88B」「B-88BS」(Low B♭キー付)
「B-88」「B-88S」(Low Aキー付)
1985(昭和60)年 世界初のデタッチャブルネック仕様のソプラノサクソフォーン「S-88」を発表、技術レヴェルの高さを世界に証明。
 
「S-88」「S-88S」
  ハードラバー、メタルの各種マウスピースを新発売。
 
●ハードラバー
ソプラノ
アルト
テナー
バリトン
#5、#7、#9
#4、#5、#6、#7、#8
#5、#6、#7、#8
#5、#7、#9
●メタル
ソプラニーノ
ソプラノ
アルト
テナー
バリトン
#5、#7
#5、#7、#9
#6、#7、#8、#9
#6、#7、#8、#9
#5、#7、#9
  オプション用の吹込管ラインアップを発表。
 
アルト、テナー、バリトン用に、それぞれ
#64(ブラス製、ラッカー or 銀メッキ仕上)
#65(ブラス製、ラッカー or 銀メッキ仕上)
#66(ブラス製、ラッカー or 銀メッキ仕上)
#95(純銀製、ラッカー仕上)
#100(ブラス製、金メッキ仕上)
1987(昭和62)年 管体銀製モデルを海外で発売。
1990(平成 2)年 8月、90、99シリーズのソプラノ、バリトンを発売。
 
●エリモナ・シリーズ
「S-99」「S-99S」
「SC-90」「SC-90S」
「B-99」「B-99S」「B-99B」「B-99BS」
●サンシティ・シリーズ
「S-90」「S-90S」
「B-90」「B-90S」
1992(平成 4)年 2月、国内初の管体銀製シルヴァーソニックモデル993、ソプラノからバリトンまで4機種を発表、銀特有の音色の美しさをアピール。
 
「S-993」
「A-993」
「T-993」
「B-993」
  9月、アルト、テナーの90シリーズ4機種を発売(「A-90」「A-90S」「T-90」「T-90S」)。
1993(平成 5)年 2月、アルト、テナーの99シリーズ4機種を発売(「A-99」「A-99S」「T-99」「T-99S」)。
1995(平成 7)年 アルト、テナーを、一歩先を行く機能を備えより使いやすさを進歩させた「90μシリーズ」「99μシリーズ」にモデルチェンジ。
 
「A-99μ」「A-90μ」
「T-99μ」「T-90μ」
1996(平成 8)年 8月、真鍮製金メッキ仕上げの指掛&拇指台「サムの魔法使い」新発売。
 
「サムの魔法使い」
1997(平成 9)年 4月、90μシリーズにゴールドプレートネックとサムの魔法使いを特別装備したアルト、テナーの「90μ Limited'97」を限定発売。
 
「A-90μ Limited'97」
「T-90μ Limited'97」
  8月、新製品リガチャー「魔法のリガちゃん」(ソプラノ用、アルト用、テナー用)発売(バリトン用は後日発売)。
1998(平成10)年 世界に先駆けて「丹銅」を素材にしたブロンズブラスモデルを発表、独特のエレガントな音で世界のプレイヤーの称賛を浴びる。
 
「S-992」
「A-992」
「T-992」
「B-992」「B-992R」
  機能性と使用感に優れた991、901シリーズ誕生。
 
●901シリーズ
「S-901」「S-901S」
「SC-901」「SC-901S」
「A-901」「A-901S」
「T-901」「T-901S」
「B-901」「B-901S」「B-901R」「B-901RS」
●991シリーズ
「S-991」「S-991S」「S-991GP」
「A-991」「A-991S」「A-991GP」
「T-991」「T-991S」「T-991GP」
「B-991」「B-991S」「B-991R」「B-991RS」
●シルヴァーソニック
「S-9930」
「A-9930」
「T-9930」
「B-9930」
1999(平成11)年 2月、総管体銀製シルヴァーソニック アルトA-9937発売。
 
「A-9937」
  3月、アルトとテナーの「901 Special」と「901 Limited '99」を限定発売。
 
「A-901 Special」
「T-901 Special」

「A-901 Limited '99」
「T-901 Limited '99」
  7月、ソプラノ「S-901 Special」を限定発売。
2000(平成12)年 3月、総管体銀製シルヴァーソニック テナーT-9937発売。
 
「T-9937」
  ブロンズブラス製金メッキ仕上992GPシリーズ発表。
  3月、アルトとテナーの「901 Special」と「901 Limited 2000」を限定発売。
 
「A-901 Special」「A-901 Special SP」
「T-901 Special」「T-901 Special SP」

「A-901 Limited 2000」
「T-901 Limited 2000」
  8月、バリトンの最高峰と呼べるB-9930BSB完成。
 
「B-9930BSB」
  12月、アルトA-901にベロア風金メッキを施した「A-901 Velour G」とベロア風銀メッキを施した「A-901 Velour S」を限定発売。
 
「A-901 Velour G」「A-901 Velour S」
2001(平成13)年 3月、アルトとテナーの「902 Special」と、901にブロンズブラス製ゴールドプレートネックとコパー製サムフック&サムレストを装着した「901 Limited 2001」を限定発売。
 
「A-902 Special」
「T-902 Special」

「A-901 Limited 2001」
「T-901 Limited 2001」
  10月、ソプラノ、アルト、テナーの992PGP(ブロンズブラス製ピンクゴールドメッキ仕上)を発売。
 
「S-992PGP」
「A-992PGP」
「T-992PGP」
  12月、アルト「「A-901Ⅱ」「A-901ⅡSP」、テナー「T-901Ⅱ」「T-901ⅡSP」発売。
2002(平成14)年 4月、A-992にブロンズ製ピンクゴールドメッキ仕上のネックを装備したA-992PGPSを限定発売。
 
「A-992PGPS」
  6月、カーヴドネック固定(半田付)タイプのソプラノ「S-902R」を限定発売。
 
「S-902R」
  8月、アルト、テナーの「High F♯キーレスモデル」受注生産開始。
  10月、総管体銀製シルヴァーソニック ピンクゴールドメッキ仕上至高の楽器9937PGPシリーズ誕生。
 
「A-9937PGP」
次に
「T-9937PGP」
「S-9030PGP」
その後
「S-9930PGP」
  12月、クラスを越えたブロンズブラスの表現力で高く評価されるアルトA-902発売。
2003(平成15)年 1月、好評アルトに続き、音楽性の高いブロンズブラス製テナー「T-902」発売。
 
「A-902」
「T-902」
  3月、アルト、テナーの991にピンクゴールド仕様のアッパースタイルネックを装備した「A-991PGPS」と「T-991PGPS」を限定発売。
2004(平成16)年 11月、カーヴド・ソプラノ「SC-991」「SC-992」発売。
 
「SC-992」「SC-991」
2005(平成17)年 11月、発売元プリマ楽器創業60周年記念モデルとして、アルトサクソフォーン14Kネックを限定発売。
 
プリマ楽器創業60周年記念モデル
アルトサクソフォーン14Kネック
2008(平成20)年 12月 カーヴド・ソプラノ「SC-9937」発売。
2013(平成25)年 12月、アルトサクソフォーンA-WOシリーズ発表。2014年1月発売。
 
WOシリーズ
アルトサクソフォーン
2015(平成27)年 1月、テナーサクソフォーンT-WOシリーズ発表。3月発売。
 
WOシリーズ
テナーサクソフォーン
2017(平成29)年 6月、ソプラノサクソフォーンS-WOシリーズ発表。9月21日発売!
 
WOシリーズ
ソプラノサクソフォーン
株式会社プリマ楽器