株式会社プリマ楽器 —楽器・楽譜の総合卸商社—  |  会社案内  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
PRIMA GAKKI
 
Arnolds & Sons Piccolo(アーノルドピッコロ)

《Three Dance Miniatures(スリー・ダンス・ミニチュアズ)》は、楽譜を中心とした音楽出版物の輸入卸販売業を行なう「テーヌ商会」が創立50周年を記念し吹奏楽界の超人気作曲家Philip Sparke(フィリップ・スパーク)に委嘱した話題作。吹奏楽コンクール自由曲にも最適な楽曲です。

「港の情景を思わせるイメージで」という注文以外はスパーク氏の自由な発想で書かれています。約8分という、課題曲との組み合わせにも最適な演奏時間、「急—緩—急」の取り組みやすい曲構成、そして長期間取り組むために手応えのある難易度と、申し分のない内容となっています。2020年、秋山和慶&オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラによって世界初演されました。

ただいま初版分の特別キャンペーンとして、ご購入いただいた方に、吹奏楽譜の整理整頓に便利でこの《Three Dance Miniatures(スリー・ダンス・ミニチュアズ)》のパート譜も収納できる、プリマ楽器オリジナル「楽譜整理ファイルBOX ライブラリアン!」1セット(5箱入)をプレゼントしております!(こちらは弊社経由での販売分限定のキャンペーンとなっております。)

[演奏]
ミュゼ・ダール
吹奏楽団

[演奏]野上博幸(指揮)/ミュゼ・ダール吹奏楽団
[楽譜]Philip Sparke:Three Dance Miniatures
         (出版社:Anglo Music Press、輸入元:株式会社テーヌ商会、発売元:株式会社プリマ楽器)

[吹奏楽譜]Three Dance Miniatures(スリー・ダンス・ミニチュアズ)

Three Dance Miniatures
Three Dance Miniatures
商品名
Three Dance Miniatures(スリー・ダンス・ミニチュアズ)
作曲
サイズ
スコア:約27×35.4cm
パート譜:ライブラリアン!に収納可能
演奏時間
約8分
難易度
Grade5
価格
32,780円(本体価格:29,800円)
JAN
400021738676
出版社
Anglo Music Press
輸入元
株式会社テーヌ商会
説明
この作品は単一楽章で作曲されていますが、タイトルの通り、大きく3つの部分で構成されています。木管楽器が息もつかせぬ躍動感にあふれた旋律を演奏し、目まぐるしく変わる拍子の中で金管楽器と打楽器が見事にかけあい、緊張感あふれるまま華麗なフィナーレを迎えます。今後、吹奏楽界に残る貴重なレパートリーとなるでしょう。
1. Vivo(♩=144)
2. Lento(♩=60)
3. Vivo e ritmico(♩=144)
編成
Piccolo
1
Flute 1
2
Flute 2
2
Oboe 1
1
Oboe 2
1
E Clarinet
1
B Clarinet 1
5
B Clarinet 2
5
B Clarinet 3
5
B Bass Clarinet
1
Bassoon 1
1
Bassoon 2
1
B Soprano Saxophone
1
E Alto Saxophone 1
2
E Alto Saxophone 2
2
B Tenor Saxophone
2
E Baritone Saxophone
1
B Trumpet 1
2
B Trumpet 2
2
B Trumpet 3
2
B Trumpet 4
2
F Horn 1
1
F Horn 2
1
F Horn 3
1
F Horn 4
1
Trombone 1
2
Trombone 2
2
Trombone 3
2
Euphonium(T.C./B.C.)
2
Tuba
4
Double Bass
1
Timpani
1
Percussion 1
2
Percussion 2
2
Percussion 3
2
 

作曲:Philip Sparke(フィリップ・スパーク)

ロンドンに生まれ、英国王立音楽大学で作曲、トランペット、ピアノを学び、ARCMを取得。在学中にバンド音楽に興味を持ち、学内の吹奏楽団で演奏する傍ら金管バンドも結成し、双方の作曲を手がける。このころ、最初の出版作である《コンサート・プレリュード》(金管バンド作品)と《ガウディウム》(吹奏楽作品)を作曲。
日本の吹奏楽界との関わりも深く、東京佼成ウインドオーケストラから委嘱を受け(1991年委嘱作《セレブレイション》)、レコーディングも行なわれた。これにより世界的に吹奏楽への扉が開かれ、その後も各地から多数の委嘱を受けることとなった。
これまでに、ヨーロッパ、北欧、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、台湾、香港、カナダ、アメリカなどで指揮や審査を行ない、2000年5月には出版社「Anglo Music Press」を設立し、作曲家としてさらに大きな一歩を踏み出す。同社では、金管バンド、コンサート・バンド(吹奏楽)、ファンファーレ・バンド、さまざまな楽器のための楽譜など自身作の出版や、新作レコーディングなども行なっている。

※このページの掲載内容(製品の仕様・特徴、及び価格等)は、2022年3月18日現在のものとなっており、予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。