三響フルート SANKYO FLUTES MFG CO JAPAN株式会社プリマ楽器 PRIMA GAKKI
Gold FlutesSilver FlutesOther FlutesAlto FlutesBass FlutePiccolosKids FluteOptionsPricesHistory
OptionsToneholeHead Joints
トーンホールの違い
ソルダードトーンホール
三響の加工技術の高さを語るハンドメイドSTモデル。トーンホールは管体とは別に作られたカップをミクロの精度で合わせ、一つ一つハンダ付け(ソルダード)します。管体の厚みを均一にでき、重厚な響きと優れた耐久性を発揮します。
ドゥローントーンホール
トーンホール部分は、管体から引き抜き(ドゥローン)により製作。キーメカニズム、歌口などの製作は手間と時間と技術のすべてをかける、ハンドメイドSTと同じ工程で製作されています。アーティスト、シルヴァーソニック、エチュードもこの仕様です。
キースタイルの違い
カヴァードキー


ジャーマンスタイルとも呼ばれます。
リングキー


フレンチスタイルとも呼ばれます。
ヘッドコルク
音への影響を考え、三響ではヘッドコルク(反射板)を各頭部管と同一素材によるものを標準装着。各ヘッドコルクは好みでオプション装着することも可能です。標準タイプ(フラットタイプ)の他、微妙なカーヴラインで音の跳躍を楽にする効果のあるニュータイプがあります。
 
クラウン
クラウンもそれぞれの頭部管と同一素材によるものを標準装着。小さなパーツにも美しい音のために妥協しない精神を生かしています。
 
株式会社プリマ楽器