オオサワオカリナロゴ プリマ楽器ロゴ
特徴・音域ACAF・BCiシリーズiシリーズ プラスチックスペシャル・モデルオプション
[オオサワオカリナの音域]

  夢の音域拡大、完成。

オオサワオカリナは、従来のオカリナの常識を超え、オカリナという楽器、そしてオカリナ音楽の可能性を広げることに大きく貢献が期待される楽器です。

複数管オカリナを駆使して新たなオカリナ音楽を追求するオカリナ奏者・大沢聡のプロデュースにより、2010年、トリプレット(3連)とダブレット(2連)が誕生。その後、シングル(単管)を含む新シリーズも加わり、均整のとれた音色、正確な音程、抜群の吹奏感、考え抜かれたフォルムや運指など、奏者の高い要求にも応える完成度の高さと豊富なラインアップを誇ります。
AC Triplet
AC Triplet
A4〜G7(a1〜g4)
AC Doublet
AC Doublet
A4〜C7(a1〜c4)
AF Triplet
AF Triplet
D4〜C7(d1〜c4)
BC Triplet
BC Triplet
A3〜G6(a〜g3)
BC Quadruplet
BC Quadruplet
A3〜D7(a〜d4)
SC Single i
SC Single i
A5〜F7(a2〜f4)
SG Single i
SG Single i
E5〜C7(e2〜c4)
SF Single i
SF Single i
D5〜B♭6(d2〜b3)
AC Single i
AC Single i
A4〜F6(a1〜f3)
AG Single i
AG Single i
E4〜C6(e1〜c3)
AF Single i
AF Single i
D4〜B♭5(d1〜b2)
BC Single i
BC Single i
A3〜F5(a〜f2)
[楽器(複数管)の特徴]

均整のとれた音色、確かな音程、考え抜かれた運指、
細部までこだわり抜かれた複数管オカリナ。


オカリナはその構造・材質上、調律が非常に難しい楽器とされていますが、オオサワオカリナは作り手の確かな技術と感覚、そして大沢聡による厳しい監修により、正確な音程を実現。特に複数管オカリナにありがちな管の違いによる音色の変化を最小限におさえた設計となっており、低音域から高音域まで音にバラつきがなく、抜群の吹奏感を持った非常にバランスのとれた楽器として作り込まれています。

そして第1管の最高音と第2管の最低音を同音に設定することで、管を移り変わる際にも表現に合った音色を選択できるよう配慮されています(図参照)。
また、長時間演奏しても疲れにくいよう、持ちやすさを考えたフォルムと重量にデザイン。運指では、複雑さを解消してスムースな指の動きを実現し、速いパッセージや跳躍をも可能にするなど演奏性にも優れた楽器です。

「ある特定のプロ奏者のためだけでなく、もっと多くの方に、より高く、より深く音楽を追求する楽しみを味わっていただきたい」という願いを込めて細部までこだわり抜かれた複数管オカリナを、どうぞお試しください。
株式会社プリマ楽器