アケタオカリーナ ロゴ プリマ楽器ロゴ
アケタオカリーナ歴史特色アクセサリーQ&A
オカリーナの歴史アケタオカリーナの歴史
 AKETA OCARINA > 歴史 > オカリーナの歴史 > アケタオカリーナの歴史
アケタオカリーナの歴史
アケタオカリーナ
オカリーナ合奏を楽しむ明田川孝たち。戦後、東京・東中野の防空壕にて。
アケタオカリーナ
彫刻家でもあった明田川孝のアトリエでのオカリーナ制作風景。テーブルの中程にある音叉を使って粘土時の調律をしているところ。昭和28(1953)年頃の写真と思われ、この頃は月産100個くらいだった。
アケタオカリーナ
昭和31(1956)年、テレビ出演の様子。演奏姿は左から中塚純二、明田川孝(リコーダー)、高橋美則。右端・伊藤隆が弾くのは明田川孝が制作したチター。
アケタオカリーナ
昭和28(1953)年に明田川孝のアトリエで撮影された写真。
アケタオカリーナ
昭和45(1970)年頃のアケタオカリーナ(当時:プリマオカリーナ)ラインアップ。中央上にあるのはいまはまぼろしの楽器となってしまった「ダブレット」。
アケタオカリーナ
昭和50(1975)年に発売されたオカリーナの教則カセットテープと付属教則本「レッツ プレイ オカリーナ」(発行:株式会社アケタ)。
AKETA OCARINA HISTORY
 1928年
アケタオカリーナの創始者・明田川孝(あけたがわたかし)が、あるドイツ製のバス・オカリーナに出会ったことをきっかけにオカリーナ制作家になることを決意。本格的にオカリーナ制作に取り組み始める。
 1948年
長年の構想(基音のピッチを固定できる)であった「12穴式オカリーナ」を完成。1オクターヴ半の「半音階エーストロ オカリーナ」、及び2オクターヴ半の「ダブレット オカリーナ」の制作に成功し、「レル民族楽器研究所」として発表。
 1950年
「12穴式オカリ−ナ」実用新案取得。
オカリーナ合奏団「ブドリオ オカリニアーナ」を結成。
 1951年
オカリーナの発明助成金を受く。
 1952年
株式会社大橋次郎商店(現・株式会社プリマ楽器)が発売元となる(現在は総発売元)。
 1953年
合成樹脂(プラスチック)のオカリーナの試作により東京都知事賞を受賞。
 1955年
オカリーナ以外の民族音楽や楽器にも興味を持っていた孝は、この頃から他の楽器の試作・研究も重ねる。
オカリーナの楽譜の編纂にも多くの時間を費やす。
 1958年
明田川孝永眠。
『オカリーナの本—習い方と練習曲』(著:明田川孝、編集:レル民族楽器研究所、発行:音楽之友社)が出版される。
 1959年
明田川孝の死後、妻・明田川カヅがレル民族楽器研究所の代表となり、孝の弟子であった高橋美則、火山久、中塚純二が支える体制で再出発。その後、研究所を法人化。
 1965年
この頃オカリーナの認知度が高まりつつあったことに加えて、カヅの才と、火山がTV番組にレギュラー出演するなどオカリーナの演奏シーンのTV・マスコミ進出、さらに中塚の技術革新、量産の柱・高橋の合理化推進等が好影響を及ぼし、オカリーナの需要供給ともに一気に伸び始める。
 1968年
12穴式オカリーナの半音以外のメリットの1つである「低音のシ・ラが出せること」により、再び実用新案が登録され、1983年まで継続。現在のオカリーナ界ではほとんど主流となっている12穴式であるが、当時採用していたのはアケタのみであった。
火山久が独立し、栃木に窯を持つ。ここで後に著名となるオカリーナ制作家・奏者の多くを育て、それはオカリーナの1つの大きな潮流となる。
 1969年
明田川孝の夢であった月産1,000個に到達。
 1970年頃
TVドラマにオカリーナが使用されたことで日本のオカリーナ界は一気に加熱し、生産が間に合わなくなるほどであった。アケタとしては最大規模の25人体制とし、月産2,500本の月も。そのため茨城の窯元にもオカリーナ作りの指導にあたった。その窯元は後に独立してオカリーナの1つの大きな潮流となる。
 1972年頃
しかしTVによって火がついたオカリーナ・ブームが去った途端、オカリーナ界は長い冬の時代に。
カヅのアイディアと中塚の制作により、後々の人気商品となる少ない息でキレイな音が出る器種「ソネット(Sonnetto)」を開発。高橋美則のデザインによる絵柄付の「アマービレ(Amabile)」が発表されたのもこの頃。けれども景気は厳しく、カヅは病に倒れ10年ほど会社から遠ざかる。
 1975年頃
高級器種「マエストロ(MAESTRO)」発売。
当時としては初のオカリーナの教則カセットテープと付属教則本『やさしく楽しいオカリーナのレッスン—レッツプレイオカリーナ』発売(発行:株式会社アケタ/発売:株式会社プリマ楽器)。
 1979年
  —81頃
明田川孝の長男・荘之が代表に就任したのを機に社名を「株式会社アケタ」に変更。また体制を10人以下に縮小。
再び日本にオカリーナ・ブーム到来。
 1982年頃
新器種「T-6E♭」、「T-8B♭」発売。
 1991年
明田川荘之が講師を務めるオカリーナ教則ビデオ『4日で吹ける楽しいオカリーナ』(発売:有限会社ケイ・エム・ピー)発売。
 1993年
高級器種「マキシマール(maximaal)」発売。
 1996年
楽器教則用ビデオCD『明田川荘之のやさしく吹けるオカリーナレッスン』(発売:株式会社プリマ楽器)発売。
 1998年
高級器種「アール(R)」発売。
「マンボウオカリーナ」(特注品)制作開始。
 2009年
明田川孝の生誕100周年を記念して、「生誕百年記念・墓への特大オカリーナ設置式典」(於:新潟県魚沼市)を挙行。
 2012年
明田川オカリーナ&アート記念館」(於:東京都杉並区、アケタの店)を期間限定開館。
株式会社プリマ楽器