アケタオカリーナ ロゴ プリマ楽器ロゴ
アケタオカリーナ歴史特色アクセサリーQ&A
オカリーナの歴史アケタオカリーナの歴史
 AKETA OCARINA > 歴史 > オカリーナの歴史 > アケタオカリーナの歴史
オカリーナの歴史
陶土でできた素朴な笛・オカリーナ。壺状の本体に吹き口といくつかの指孔があり、息を吹き込むと音が出るシンプルな楽器です。
その歴史は、古くは紀元前3000年のメソポタミア文明にまで遡ると言われ、形も材質も様々な同種の楽器が、中・南米(1000年以上の歴史を持つと思われる4穴式オカリーナ)、中国(古代中国の卵形の土笛「ケン」)、日本(山口県の弥生時代初期の遺跡から卵形の土笛が出土)など、世界各地に分布しています。
オカリーナ
オカリーナ
そして現在広く普及している「オカリーナ」と呼ばれる楽器になったのは、19世紀後半—1853年のこと。イタリアのジュゼッペ・ドナーティ(Giuseppe Donati, 1836-1925)がそれまであった土笛に初めて西洋音階を導入したものを焼き上げ、それを「オカリーナ(イタリア語で「ガチョウの子供」の意)」と名づけたのが始まりとされています。
19世紀後半のイタリアでは…
さて、ドナーティがオカリーナを生み出した地・ブードリオは、北イタリアのボローニャから15kmほど東に位置する町。
オカリーナ
ここでオカリーナを考案したドナーティは、生涯数万個ものオカリーナを制作したとも言われ、さらにオカリーナ五重奏団を結成し、ヨーロッパ中に演奏旅行に出かけてこの楽器を紹介しました。

当時の新聞には、彼らのオカリーナの音色の美しさややわらかさ、表現の巧みさ、オカリーナ・アンサンブルの織り成す調和の見事さを賞讃する言葉や、彼らの演奏に立ち会った観客たちが初めは驚き、そして感激し、何度もアンコールを叫び、オカリーナに魅了されていった様子などが記されています。
株式会社プリマ楽器